THE BIG ISSUE JAPAN「海に沈みつつあるモルディブの、宙に浮いた環境政策」2012/06/28 13:20

こんにちは、インターンの湯村です。THE BIG ISSUE JAPAN192号(2012.6.1)に、HRWのフィルムフェスティバルで上映された映画「ジ・アイランド・プレジデント」に関する記事が載りました!




「海に沈みつつあるモルディブの、宙に浮いた環境政策」という記事では、モハメド・ナシード前大統領について解説されています。モルディブは、マウムーン・アブドル・ガユーム大統領が30年にわたり政権を握っていましたが、ナシードは何度も投獄されながらも彼に立ち向い、2008年に初めての民主的な選挙で大統領となりました。しかし、この2月に脅迫を受け辞任を強いられました。

「映画には、辞任を伝える短い字幕が最後に加えられている。3月22日、ロンドンで開かれたヒューマン・ライツ・ウォッチ映画祭で、この映画を観終えた観客の最大の関心事は、ナシードの安否だった。それに答えて『今のモルディブでは誰もが安全とは言えない』と、モルディブ科学技術公使だったアーメッド・シャフィーク・ムーサは不安定な状況を伝えた。」

HRW資料:
映画紹介 The Island President

コメント

トラックバック