【HRWニュース】タンザニア:児童婚で傷つく少女たち2014/11/05 16:16

「(15歳のとき)私は家事手伝いをしていただけだったので、父が結婚相手を探してきたんです。」(サリア・J)
「勤め先の使用人だった男の子が結婚しないかというので、同意しました。雇用主の虐待から逃れるにはそれしかないと分かっていたから。」(ジュディス。当時14歳)

タンザニアでは女性10人のうち4人は18歳未満で結婚していますが、児童婚は少女から教育の機会を遠ざけ、夫婦間レイプや女性性器切除など搾取や暴力に晒しています。しかし、国の保護制度や、児童婚防止法・政府行動計画などは整っておらず、現状は放置されたままです。

詳しくはリンク先をご覧ください。

コメント

トラックバック