【人権ウォッチ】フィリピンでついに処罰を受けるか、「暗殺部隊」2015/03/07 15:42

フィリピンで、税金によって暗殺部隊を組織し、ストリートチルドレンや記者、教会関係者など数百人の殺害に関与したタグム市の前市長が起訴されました。9歳の子どもが22の刺し傷を持って亡くなっているなど、残酷性も。


論説およびHRWが行ったインタビュー調査の映像は、こちらをクリックください。

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン・イベント告知】2015/03/06 16:29

4月4日は「養子の日」。女優のサヘル・ローズさん、「こうのとりのゆりかご」の慈恵病院の蓮田理事長、養子縁組親子などのお話を聞きながら、養子縁組について考える「~大人たちから子どもたちへ 『家庭』という贈りもの~」が開催されます。

映画「うまれる ずっと、いっしょ。」も上映されます。詳細、お申し込みはこちらからどうぞ。

【HRWニュース】アフガニスタン:人権侵害に関与した有力者たちが処罰を逃れている2015/03/05 21:33

アフガニスタンでは政府や軍の有力者が市民に残虐行為を行うも、いまだ処罰を受けていません。この不処罰は、地元市民をタリバーンなど反政府勢力の支持につなげています。HRWはアフガン政府に捜査と訴追を、米国などドナー国には援助の条件をつけるなど対応を求めています。

詳しくはこちらをご覧ください。

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン・活動報告】2015/03/04 15:28

公明党 児童虐待防止・社会的養護検討プロジェクトチーム(PT)の第二回会合にてプレゼンの機会を頂きました。

PTを立ち上げて下さったのみならず、発表の機会を下さった高木美智代先生、國重徹先生、栗林のり子先生をはじめとする公明党の先生のみなさま、本当にどうもありがとうございます!

☆不必要な施設送りはやめて、養子・里子に。キャンペーン詳細はこちら☆
動画→http://bit.ly/1olw0JF
詳細→http://bit.ly/1rB9lyy

【人権ウォッチ】男性? 女性? その他? Facebookが性別欄を自由記述に変更2015/03/04 12:47

男女枠では性自認を伝えることが困難な人々のために、Facebookは性別欄を自由記述型に変更しました。「各個人が性別について深く感じる、内的で個人的な経験」の尊重に向けた大切な一歩です。

詳しくはLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)権利プログラム・調査員による論説をお読みください

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン】2015/02/27 00:46

熊本の赤ちゃんポストに出される子は、原則養子に出され新しい養親の元で育てられるよう病院と行政が合意へ。HRWのロビー活動の効果が出てきています。


BLOGOSの記事はこちら↓

【熊本から変わる!児童養護のかたち】~行政が特別養子縁組に本腰~


☆不必要な施設送りはやめて、養子・里子に。キャンペーン詳細はこちら☆
動画→http://bit.ly/1olw0JF
詳細→http://bit.ly/1rB9lyy

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン】2015/02/26 00:21

2月21日の「ポータル ANNニュース&スポーツ」で、サヘル・ローズさんの擁護施設時代についてのインタビューが紹介されました。こちらをご覧ください。

☆不必要な施設送りはやめて、養子・里子に。キャンペーン詳細はこちら☆
動画→http://bit.ly/1olw0JF
詳細→http://bit.ly/1rB9lyy

【メディア掲載】2015/02/24 21:36

HRW日本代表・土井の受験時代についてインタビュー記事が掲載されました。海外の語学研修、英語の勉強、受験、大学時代などの話が紹介されています。

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン】2015/02/22 20:35

児童養護施設での生活経験があり、HRWの親善大使もしてくださっているサヘル・ローズさんが、TEDxKyotoでご自身の人生についてお話をされました。

内容はこちらをご覧ください。また、動画もぜひご覧ください!

Love and dreams for every child | Sahel Rosa | TEDxKyoto

☆不必要な施設送りはやめて、養子・里子に。キャンペーン詳細はこちら☆
動画→http://bit.ly/1olw0JF
詳細→http://bit.ly/1rB9lyy

【HRWニュース】ビルマ:囚人委員会をごまかしの道具にしてはならない2015/02/18 20:29

ビルマでは政府批判をした人々の不当逮捕が増加しています。政府は問題解決のために囚人委員会を設置し、不当逮捕された囚人の事案を解決する公約を結びました。しかし、過去も同様の動きがあり、当時は批判をかわすためのポーズに終わったことから、新委員長は公約を守るよう、HRWとアムネスティ・インターナショナルは共同で働きかけをしています。

詳しくはこちらをご覧ください。