[パレスチナ人権センター代表ラジ・スラーニ氏を囲む会]イベント報告!2014/10/30 17:02


ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京のインターン、荻田宏子です。 


先日、イスラエル・パレスチナ問題を専門とされるジャーナリスト土井敏邦監督の招へいにより パレスチナ人権センター代表のラジ・スラーニ弁護士が来日されました!! 

ラジさんのご希望もあり、日本の弁護士やジャーナリストを中心とした人権活動家の皆さまとの講演・交流会「パレスチナ人権センター代表 ラジ・スラーニ氏を囲む会」を開催。

土井監督撮影の映像を通し、何の罪もない人々がイスラエル軍による空爆にさらされているガザの実態をみました。 

弁護士としてガザの人権を訴えるラジ氏


停戦合意、、とはいいつつも、 
私たちが当たり前としているような生活が訪れるには程遠いガザの現状。 

6年間に3度もの戦争を経てきたガザ― 
その真っ只中にいるのが、市民・民間施設です。と声を震わせながら語るラジさん。 

その声音と表情に、弁護士として人権を守るために活動し続けてきたラジさんの奮闘の歴史を垣間見る思いがしました。 
力強くガザの現状を訴えるラジ・スラーニ氏



今、60歳のラジさんは力強く語ります。 

「60年間の人生を通し、何度も攻撃をみてきたが、 
 今回の攻撃が1番残虐である。犯罪である。こんな悲惨なものを目にするとは思っていなかった。」

「ガザには安全な場所はどこにもない。 
 約200万人の住むこの地域には、明日の命を確信できる人間は一人もいないだろう。」


長年続いているイスラエル・パレスチナ問題―

この現状を少しでも改善するために私たちができることは何かを考えると同時に、 
紛争地における人権活動家として命懸けで戦われてきたラジさんの強い信念に、多くのことを学ぶ時間となりました。


以上、インターン荻田でした。

【イベントのお知らせ】2014/10/07 11:58

●イベント告知● ~パレスチナ人権センター代表 ラジ・スラーニ氏を囲む会~

皆さん、こんにちは。

このたび、ガザに本拠を置く人権NGO「 パレスチナ人権センター」の代表であり、
パレスチナを代表する弁護士として国際的に知られる弁護士ラジ・ スラーニ氏が4年ぶりに来日することになりました。

ラジ氏は、長年にわたる人権活動は国際的に評価され、
昨年12 月には、“第二のノーベル平和賞”ともいわれるライト ・ライブリフッド賞を受賞
世界各国でひっぱりだこのラジ・ スラーニ弁護士の話をきける貴重なイベントとなります。

ラジ・スラーニ弁護士は、今回の来日を通して、 日本の弁護士やジャーナリスト、
人権活動家など人権問題に取り組む方々との交流の機会を持ちたい と希望されています。

そこで、来る10月17日(金)正午より、下記のとおり、
お弁当を食べながらラジ・ スラーニ氏を囲む和やかな交流の催しを開催することとなりました!
当日は、イスラエル・ パレスチナ問題に関する最新の映像もご用意しております。
皆さまぜひ、お誘い合わせの上ご参加くださいませ!

日 時: 10月17日(金) 正午―午後2時
(事前のご希望によりお弁当あり/持ち込み可)

場 所: 主婦会館プラザエフ3階「コスモス」
(東京都千代田区六番町15)
【アクセス】
JR「四ツ谷駅」 麹町口より徒歩1分
東京メトロ 丸ノ内線「四ツ谷駅」 1番出口より徒歩3分
東京メトロ 南北線「四ツ谷駅」 3番出口より徒歩3分


参加費(飲み物・場所・資料代) : 一般:1,900円 / 学生:500円 
           ※ お弁当をご希望の方は申込みの際にご記入ください。
         プラス950円でご用意します。

定 員: 20-30名

備考: 弁当持ち込み可。日本語通訳あり。

主催:
国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ
全国難民弁護団連絡会議
認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ
青年法律家協会国際委員会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ラジ・スラーニ弁護士 経歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パレスチナを代表する人権活動家、オピニオン・リーダー。
ガザ市で「パレスチナ人権センター」を創設。
現在も続くイスラエルの占領下、5 年近く逮捕・拘留され、 激しい拷問を受けた。
ロバート・ ケネディ人権賞(1991 年)、
フランス人権賞(1996 年)などを数々の国際的な賞を受賞。
昨年12 月には、“第二のノーベル平和賞”ともいわれるライト ・ライブリフッド賞を受賞。
1953 年、ガザ市生まれ。

<参考資料>
ヒューマン・ライツ・ウォッチ 「イスラエル、 不法な空爆による民間人殺害」
 http://www.hrw.org/ja/news/ 2014/07/16
 NHK News Web

「ガザ停戦1か月 資材搬入巡り再建進まず」
 http://www3.nhk.or.jp/news/ html/20140926/k10014885791000. html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ お申し込み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会場の都合上、事前の予約をお願い致します。
ヒューマン・ライツ・ウォッチ 東京事務所
E-mail : tokyo@hrw.orgまたは、
電話:03-5575-3774
※件名に『ラジ・スラーニ氏を囲む会申し込み』と記載の上、
参加者氏名・属性(お勤め先など)・連絡先・ お弁当の有無を明記の上お申し込み下さ
い。
 ※10月14日(火)正午までのお申し込みをお願い致します。



HRW LGBTディレクター関西訪問記2014/09/29 23:23

ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京のインターン、川岸千夏です。
 
先日、HRWのLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の権利プログラム、アドボカシーディレクターのボリス・ディトリッヒが来日し、奈良、大阪、兵庫を訪れました。

この度ディトリッヒは、なら国際映画祭スペシャルトークイベント、「語そう、LGBT」にパネリストとして参加。
投資家でNGOエンジェルの谷家衛氏、活動家の家入一真氏、グッド・エイジング・エールズの松中権氏、帝塚山学院大学の西山厚氏とともに、日本におけるLGBTの問題について、それぞれの視点から議論を交わしました。 


   (左から、松中権氏、家入一真氏、谷山厚氏、ボリス・ディトリッヒ、谷家衛氏)

日本では、まだまだ認識が高いとはいえないセクシュアル・マイノリティの問題。

オランダの国会議員として、世界で初めて同性婚を実現させた立役者でもあるディトリッヒは、日本においてもっとLGBTの問題が可視化されるべきだと訴えました。


また、映画祭参加に加えて、今回の関西訪問では、奈良市の仲川げん市長、淀川区の榊正文区長、尼崎市の稲村和美市長にもお会いしました。


         仲川げん奈良市長と。


         榊正文淀川区長とレインボーフラッグの前で。


         尼崎市 稲村和美市長と(写真左)。

皆さまそれぞれの市政・区政を通してダイバーシティを推進し、LGBTの方々にとって住みやすい街を作ることに意欲的に取り組もうとしていらっしゃいました。

こうした多様性を重視した街づくりが日本全国に更に広まっていけば、本当に素晴らしいことだと思います。

以上、インターンの川岸でした。


【人権ウォッチ】北朝鮮の人権問題、今こそ行動のとき2014/09/24 22:43

現代社会で最も劣悪だと報告された北朝鮮の人権状況。現在開催中の国連総会は、今こそ安保理にアクションを求めるとき。

今年2月、国連調査委員会は北朝鮮の人権状態を「現代社会にはこれに匹敵するものがない」酷さであると報告し、3月、国連人権理事会は国連安保理に対し、 国際司法メカニズムへの付託の検討を求めました。現在開かれている国連総会でも、安保理に対応を求めることができれば状況改善により近づけます。

HRW 国際司法上級顧問とアジア局アドボカシーディレクターの連名による論説をこちらでぜひご覧ください。

【HRWニュース】ネパール:内戦中のレイプ事件は処罰されぬまま2014/09/23 21:33

「いくら泣き叫んで、助けを求めてもだめでした。」

1996〜2006年、ネパールの内戦で、政府軍と毛沢東主義派戦闘員の双方が多くの女性や少女に性暴力を行いました。しかし、加害者は未だに罰せられておらず、政府による補償計画にも被害者は含まれていません。HRWはネパール政府に対して様々な制度による救済や加害者への措置を求めています。

詳しくはこちらをご覧下さい。