千葉県乳児院新設問題に関して、反対の要請書を提出いたしました。2015/12/07 12:13

皆さん、こんにちは。
Human Rights Watchインターンの高橋です。


先週12月4日(金)、千葉県庁中庁舎にて、千葉県健康福祉部児童家庭課の方と面会し、千葉県における乳児院の新設に反対する旨の要請書を提出いたしました。

概要としては、「私たちは、千葉県乳児院を今後廃止するという千葉県の意向を歓迎するものの、かわりに民間乳児院施設を新設するという政策は極めて遺憾であり、中止を求めます。乳児院の施設養育ではなく、家庭で育つことができる里親制度や養子縁組制度の普及、そしてそもそも家庭分離を防ぐための実親家庭支援こそが求められています。」というものです。

全国里親会副会長兼特定非営利活動法人千葉県里親家庭支援センター理事長の木ノ内博道氏に読み上げていただき、千葉県健康福祉部児童家庭課虐待防止対策室の主幹兼室長の尾関範子様に要請書をお渡ししました。

20151207-1

我々が千葉県の乳児院に反対する理由としては、以下の通りです。

1.日本政府が目標としている家庭養護の推進に反する
2.日本も批准する「子どもの権利条約」に違反する
3.乳幼児の健康に対する悪影響が懸念される
4.施設の建設および運営は、里親などの家庭養護に比べて膨大なコストがかかる

要請書には以上の理由により反対するとともに、もし千葉県が乳児院新設をやめる場合には、私たちは千葉県での乳幼児が家庭にもどるための実親のカウンセリングや支援、そして乳幼児を受け入れてくれる里親や養親のリクルート、研修、フォローアップのすべてに全力をつくして協力させていただく、ということについても述べさせていただきました。

その後少しの間、この件に関してディスカッションをさせていただきましたが、千葉県健康福祉部児童家庭課虐待防止対策室の方々も、家庭養護の大切さを理解されていらっしゃったようで、今後里親委託を推進していくことについて検討していくとのご返答をいただきました。


その後別室に移り、新聞社およびテレビ局の方々に対し、反対要請書を提出した旨について記者会見を行いました。

20151207-2

多くの新聞社やテレビ局の方に集まって頂きました。
記者の皆様も非常に熱心に質問してくださり、今後ますますこの問題について議論が深まっていくと確信いたしました。

【シンポジウムを開催しました】すべての赤ちゃんが家族と暮らせる社会をどう作る? --千葉県の乳児院新設問題を考える--2015/11/26 10:46

皆さん、こんにちは!
Human Rights Watchインターンの高橋です。

今週11月23日(月・祝)14:00より千葉県の千葉県教育会館にて
「すべての赤ちゃんが家族と暮らせる社会をどう作る? --千葉県の乳児院新設問題を考える--」と題し、シンポジウムを開催いたしました。

ご参加いただいた皆様、ご足労いただき大変ありがとうございました。心より感謝申し上げます。
おかげさまで、当日ご参加を決めてくださった方もいらっしゃったようで、想定していた以上に多く方がご参加してくださり、用意していた資料もすべてなくなってしまうなど、私共としましては嬉しい誤算でありました。(資料をお渡しできなかった皆様には大変ご迷惑をおかけしました。)
以下、シンポジウムの様子でございます。

20151123-1

このシンポジウムは、千葉県で乳児院が公募され、新設されようとしている問題について基調講演とパネルディスカッションの二部構成で行われました。

1.基調講演:  
◎矢満田篤二氏 (社会福祉士、元愛知県児童相談所職員)
  「赤ちゃんを乳児院に入れるべきでない多くの理由  - 愛ある家族をつくる 養子縁組・愛知方式の経験から - 」

基調講演では、矢満田先生がこれまで愛知県で手掛けてこられた愛知方式による特別養子縁組の経験についてのお話や、テレビでの特別養子縁組家族に対する取材映像の上映などが行われ、赤ちゃんが乳幼児の頃から家族の中で暮らすことの大切さを語っていただきました。

2.パネルディスカッション: 「赤ちゃんを家庭で育てる  - 乳児院以外の選択肢を考える- 」
パネリスト:
◎矢満田篤二氏
◎吉成麻子様(千葉県 養育里親)
◎ホッブス美香様(東京都 養育里親、ファミリーホーム「トリニティホーム」ホーム長)
◎木ノ内博道様 (全国里親会 副会長)
◎村上直美様(特別養子縁組 養親)
◎高橋恵里子様(日本財団福祉特別事業チーム チームリーダー)
モデレーター: 
◎土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表)

20151123-2

パネルディスカッションでは、パネリストの皆様にそれぞれの経験や立場から乳児院で乳幼児を養育することに対する問題について、ご意見を述べていただきました。
内容としては、乳児院で育ち家族の中で養育されなかった子どもには愛着障害になってしまう子どもが多くみられることや、乳児院での養育が一人当たり年間700万円近くかかってしまうのに対し里親委託であれば150万円ほどで済むためコストの面でも里親委託は優れていることなど、乳児院を新設してしまうことがいかに問題であるかということをお話して頂きました。

ご参加頂いた皆様にも里親委託を推進していくことの大切さがご理解いただけたのではないでしょうか。

シンポジウムが終わり帰り際に、乳児院新設反対の署名をしたい、とおっしゃっていただいた方も多数いらっしゃいました。誠にありがとうございます。
また後日署名の準備が整い次第、ご参加頂いた皆様には次第メールでご連絡させて頂きますので、もう少々お待ち頂ければと思います。こちらのブログでも署名について再度ご連絡させていただきますので、度々チェックしていただければ幸いでございます。

今後ともヒューマン・ライツ・ウォッチは全ての赤ちゃんが家族と暮せる社会を目指し、活動を続けて参ります。どうぞ応援よろしくお願いいたします。


※ヒューマン・ライツ・ウォッチが過去に行った社会的養護に関する調査に関しての詳細は以下のリンクをご覧ください。


塩崎厚生労働大臣が「赤ちゃんを家庭へ」とスピーチ!2015/11/20 15:56

みなさまこんにちは、HRW東京オフィスです。


10月24日に開催された全国里親大会にて、塩崎厚労大臣が「赤ちゃんも家庭で養育する必要があり、安倍政権も本気で取り組んでいく」とスピーチされました!ぜひ、ご一読下さい。


----------------------------------------
厚生労働大臣挨拶(とかしき副大臣が代読)


みなさま、こんにちは。

本日は第60回全国里親大会鹿児島大会ということで、参加させていただきまして本当にありがとうございます。
今日のテーマはわ・わ・わと語いもんそ、まさに鹿児島らしいテーマで、そしてまさに里親の雰囲気をしっかりつかんでいただいているテーマであります。

今日も会場に参加させていただきますと、皆様のお顔を拝見していると、優しそうなお顔をなさっている方が多いなと、舞台の上から拝見させていただきました。
現在、安倍政権の方は、子どもに対してのサポートをしっかりしていこうということで、今年の4月からこども未来応援団国民運動ということを積極的に手掛けていこうということで、この10月からこの運動をスタートさせていただいております。


さきほど、星野会長からお話しがありましたけれども、里親の制度もですね、先進国の中では、里親制度を必要な子どもたち、だいたい5割以上がの方が里親制度のなかに入っているわけでありますが、日本では残念ながら、まだ、15.6%の低い数字であります。ですから国といたしましても、もっと積極的に里親の制度を充実させていこうと、これから取り組んでいくことをご案内させていただきたいと思います。


今日は、表彰式がございます。この表彰式の中でですね、表彰を受けられる方の本当に素晴らしい方がたくさんいらっしゃいます。今日は、鹿児島の中の表彰を受けられる方は、里親さんで長年お子さんを育てられ、養子縁組もなさり、そのあとは、専門里親としてもですね、またお子さんを育ててくださっているという。


そして、里親制度の普及啓発にも尽力をいただいているという、本当に素晴らしい方が表彰されます。
みなさんにですね、本当に頭の下がる思いですし、素晴らしい制度をこれからもしっかりと広げていきたいと、このように考えています。


とここまでは私のあいさつでございまして、ここからは、実は、塩崎大臣、今日はここにお邪魔したかったのですが、どうしても、日程の都合がつかないということで、とかしきさん、代わりに行ってきてよと、そして、塩崎大臣のあついメッセージを預かってまいりましたので、代読しないと私も大臣に怒られてしますので、しばらく、大臣のメッセージを代読させていただきます。よろしくお願いを申し上げます。


本日ここに第60回全国里親大会が開催されるに当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。
まずはじめに、本年度は第60回目の大会に当たり、5年ごとの節目の大会として、厚生労働大臣表彰状及び感謝状を贈呈させていただくこととしています。
今回、贈呈させていただく皆様方は、長年にわたり、家庭環境などの事情により、保護が必要な子どもたちに対し、温かい家庭環境を提供し、深い愛情と、献身的な努力をもって、多くの子どもたちの自立を支えてくださいました。改めて心からお礼を申しあげるとともに、深く敬意を表する次第であります。


さて、近年、児童相談所の児童虐待対応が毎年増加し、平成26年度の速報値では、88,931件。また、心中以外の虐待により死亡した子どもの44.4%が0歳児であるなど、痛ましい事件も後を絶ちません。
政府として、児童相談所の体制の充実や虐待防止のための全国共通ダイヤルの3ケタ化、いち早くということで、1、8、9の実現など対策をとってきましたが、児童虐待の問題は社会全体の病が症状として子どもに出てしまっているのであります。
したがって、対症療法ではなく、大人や政治家の責任と思って、根本解決に取り組み、子どもたちの未来を救う必要があります。
そしてこの根本解決は、いま声を自ら上げられない子どもたちから、切実に求められていると考えます。

しかしながら現在は、現場で対応に当たる方々について地域毎に専門性にばらつきがあることや、国もそれに対して責任をもって対応する仕組みがないなど、国、都道府県、市町村の役割と責任の分担の再整理、明確化が課題であります。


また、里親など家庭的な環境で、養育できるようにしていく必要があり、特にゼロ歳児など小さいうちから安定した温かい家庭を多くの子どもに提供できるように、施設での養育から家庭での養育にウェートを移していく必要がありますが、里親のなり手不足、なろうとしても共働きだと里親になりにくい等々、解決すべき課題が残されています。
そういった状況を踏まえ、安倍内閣はこれまで以上に、本気で子どもの問題に取り組んでまいります。


阿部総理からは 、子どもの将来が生まれ育った環境に左右されることがないよう、厳しい状況に置かれているひとり親家庭や、多子世帯への支援充実、社会的養護の推進、児童虐待防止対策の強化に向けた政策パッケージをまとめ、年末までに策定するよう指示を受けました。
阿部内閣の新しい三本の矢の中でも、子育て支援は、一つの柱となっており、内閣として、本気で取り組む姿勢が明確となっております。


厚生労働省としては、総理の指示も踏まえ、

すべての子どもは適切な養育を受けて、発達が保障される賢慮を有するとともに、その自立が保障されるべきという理念に基づき、すべての子どもの育ちと、子育てに関して、成長の時期ごとの課題に応じた必要な支援を実現させてまいります。
今後、子どもの視点に立って、乳幼児期も含めて、自らの権利が主張できないすべての子どもたちに代わって、その声を発することができるよう、また、子どもを養育する方々を孤立させることがないよう、次期通常国会に児童福祉法等の改正法案を提出することを目指し、検討を開始しました。
特別養子縁組や里親委託など、愛着形成重視を含む家庭的養護の一層の充実も、この検討の中で取り組み、安定した温かい家庭を子どもたちに提供するよう努めてまいります。


本大会は、全国の里親の方々をはじめ、里親制度にご協力をいただいている方々が一堂に会し、子どもの養育への熱心・熱意を新たにするとともに、里親制度の重要性について、広く一般の方にも理解を深めていただきたく、意義深い 機会でもあります。本大会が、盛大なものとなり、多くの成果が得られることを心から期待するものであります。
厚生労働省としても、大臣、副大臣、政務官の三役が一丸となって、徹底的に子どもの視点に立った政策を実現することをお誓い申し上げます。
最後になりましたが、本大会の開催に当たり、多大なるご尽力をいただいた公益財団法人全国里親会をはじめとする関係者の皆様に対しまして、厚く御礼を申し上げますとともに、本日ご出席の皆様方にも、ますますのご健勝と発展をお祈り申し上げ、私のあいさつとさせていただきます。


平成27年10月24日、厚生労働大臣 塩崎恭久 代読

厚生労働副大臣 とかしきなおみ、以上でございます。本日は、おめでとうございます。



【HRWニュース】ビルマ:総選挙に根本的欠陥2015/11/06 21:35

11月8日に行われるビルマ総選挙には根本的な欠陥があり、国民は自らの政府を自由に選ぶ権利を奪われています。独立した選挙委員会の不在、与党による国営メディアの支配、議席の25%の国軍への割り当てなど。

詳しくはリンク先をご覧ください。
https://www.hrw.org/ja/news/2015/11/04/283099

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン・イベント告知】2015/11/05 16:14

11/23(月・祝) 14時より、シンポジウム「すべての赤ちゃんが家族と暮らせる社会をどう作る? --千葉県の乳児院新設問題を考える--」を開催します。

2つの乳児院を新たに建設する計画を進めている千葉県。「愛知方式」の生みの親である、矢満田篤二氏をお招きし、乳児院の実現可能な代替案をみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

詳細:http://www.hrw.org/ja/support-us/event/283062

日時:2015年11月23日(月・祝) 14時~16時
場所:千葉県教育会館  203会議室
(260-0013 千葉市中央区中央4-13-10  043-227-6141)

アクセス:http://chibaken-kaikan.or.jp/?page_id=13

参加費:無料
参加方法:以下URLより登録をお願いします
●お申し込みサイト:https://goo.gl/6nF4vx

※ 子連れのママ・パパも歓迎します!キッズスペースあり(ただし、託児サービスはございませんので、保護者の方にお子様をみていただきますようお願い申し上げます)。

参加者の皆様はご理解、ご協力をお願いいたします。


プログラム:

基調講演: 矢満田篤二氏 (社会福祉士、元愛知県児童相談所職員)

「赤ちゃんを乳児院に入れるべきでない多くの理由 - 愛ある家族をつくる 養子縁組・愛知方式の経験から - 」(仮題)

パネルディスカッション: 「赤ちゃんを家庭で育てる - 乳児院以外の選択肢を考える- 」(仮題)

パネリスト:矢満田篤二氏、吉成麻子(千葉県 養育里親)、ホッブス美香(東京都 養育里親、ファミリーホーム「トリニティホーム」ホーム長)、木ノ内博道 (全国里親会 副会長)、高橋恵里子(日本財団福祉特別事業チーム チームリーダー)

モデレーター: 土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表)

矢満田篤二(やまんたとくじ)氏 略歴

1934年中国東北部(元満州)満州里市生まれ。敗戦1年後、長野県に引き揚げ帰国。
1954年、愛知県庁に行政職として就職し、名城大学法学部卒業。1990年、社会福祉士登録。
1994年、児童相談所の児童福祉司で定年退職後、日本福祉大学等の非常勤講師。
ライフワークは「赤ちゃん縁組」の推進による嬰児殺し防止活動。
1996年、名古屋弁護士会から人権賞受賞。

著書「「赤ちゃん縁組」で虐待死をなくす 愛知方式がつないだ命 (光文社新書)」

【HRWニュース】マレーシア:政府批判を犯罪扱いするな2015/11/04 23:13

マレーシア政府は、風刺漫画家やメディア、野党の平和的な集会や表現を犯罪として扱っています。HRWは国内法の改正と検閲の廃止を求めています。

詳しくはリンク先をご覧ください。
https://www.hrw.org/ja/news/2015/10/27/282791

【HRWニュース】スリランカ:国連決議で法の裁き実現に近づく可能性2015/10/01 23:42

スリランカは内戦時の両陣営の人権侵害、そして加害者の責任を政府が数十年にわたり不問にしている状況に対し、国連人権理事会は法の裁きを実現するメカニズムの決議案を採択予定。

詳しくは下記リンクをご覧ください。


【HRWニュース】フィリピン:手掘り金採掘で死の危険に直面する子どもたち2015/09/30 21:50

何千人ものフィリピンの子どもたちが、違法な小規模金採掘に従事し、陥落事故や溺死の恐れ、背中や体の痛み、皮膚感染症、発熱、痙攣といった体調不良が起きています。HRWは政府に法の施行などを通して、鉱業における児童労働の廃絶を求めています。

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

【メディア掲載】2015/09/25 22:55

HRW日本代表・土井が「the Diplomat」に論説を発表しました。下記リンクからお読みいただけます。



【イベント情報】2015/09/19 13:39

10月24日(土)と25日(日)の両日にかけて、国際人権や国際協力活動に関するセミナーとワークショップが行われ、HRWからアジア局上級プログラムオフィサーの吉岡が登壇します。HRWの取り組む人権問題や活動、役割について、お話させていただく予定です。

国際人権や国際協力、関連する国際法にご関心のある方は、ぜひリンク先の詳細をご覧ください。