【ブログ掲載】学校に軍隊はいらない!キャンペーン2015/05/23 15:49

来週、オスロでの国際会議で、紛争下の子どもの教育を守るための「安全な学校」宣言が採択されます。各国政府がその誓いを新たにする中、日本政府は参加しません。HRWは、日本政府に支持の表明を求めています。

HRW日本代表・土井がブログ記事を公開しました。

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン・活動報告】2015/05/22 23:49

主党 林久美子先生と2度目の面会のお時間を頂きました。

子どもたちの権利を守るため、今後の具体的な国会タイムラインも含め沢山のアドバイスを下さった林先生、いつもどうもありがとうございます!

☆不必要な施設送りはやめて、養子・里子に。キャンペーン詳細はこちら☆
動画→http://bit.ly/1olw0JF
詳細→http://bit.ly/1rB9lyy

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン・活動報告】2015/05/21 10:14

三重県 鈴木英敬知事にお目にかかる機会をいただきました。

子どもたちのため、様々な新しい取組みを進めて下さっている鈴木知事、どうもありがとうございます!

☆不必要な施設送りはやめて、養子・里子に。キャンペーン詳細はこちら☆
動画→http://bit.ly/1olw0JF
詳細→http://bit.ly/1rB9lyy

【HRWニュース】東南アジア:ロヒンギャ避難民の接岸拒否 やめよ2015/05/19 23:47

タイ、マレーシア、インドネシア政府は、8,000人のロヒンギャ民族とバングラデシュ人が乗った漂着船を追い返しています。彼らは、飲食物がなく不衛生な状態にあります。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、各国に人命保護のための支援と、この漂着船の元ととなったビルマ政府にロヒンギャ民族への迫害をやめるよう求めています。

詳しくはこちらをご覧ください。

【HRWニュース】反LGBT法を持つ国のマップを公開2015/05/17 09:10

5月17日は国際反ホモフォビア(同性愛嫌悪)の日です。現在、80の国・地域で反同性愛やLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の議論を違法とする法律があり、その内、8カ国・地域は死刑の罰則を設けています。

HRWは、反LGBT法を持つ国のマップを公開しました→http://lgbt-rights-hrw.silk.co/

【HRWニュース】インドネシア:全政治囚の釈放を2015/05/16 20:12

インドネシアでは、地域の独立を求めて旗を掲げて活動することは違法。非暴力で訴えた人々のほとんどが「政治囚」として10年以上の刑期に。HRWは、この投獄自体が人権侵害であることから、ジョコ大統領に釈放などを求めています。

詳しくはこちらをご覧ください。

【HRWニュース】サウジアラビア:移住労働者の大量送還2015/05/15 23:44

サウジアラビア政府は、在留資格のない移民労働者数十万人を拘束し、強制送還しています。

HRWは、国際法に則り、全移住労働者の尊厳を守り、異議申立の権利など公正な法的手続きを提供すること、そして保護ニーズも検討すべきと考えます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン・活動報告】2015/05/15 20:44

自民党衆議院議員 小渕優子先生と3度目の面会のお時間を頂きました。

日本の赤ちゃんたちがあたたかい家庭で育てるよう、沢山のアドバイスを頂きました。

お忙しい中、様々な相談にのって下さった小渕先生、どうもありがとうございました。

☆不必要な施設送りはやめて、養子・里子に。キャンペーン詳細はこちら☆
動画→http://bit.ly/1olw0JF
詳細→http://bit.ly/1rB9lyy

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン】2015/05/15 18:43

「あのね、収容所みたいなの。」「怒鳴る。すっごい怒鳴るし・・・」

映像「https://www.youtube.com/watch?v=F7EbNnM83qA&feature=youtu.be


児童保護施設での現実。児童相談所・行政は抜本改革が必要と考えます。

☆不必要な施設送りはやめて、養子・里子に。キャンペーン詳細はこちら☆
動画→http://bit.ly/1olw0JF
詳細→http://bit.ly/1rB9lyy

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン・イベント情報&シェア歓迎】2015/05/14 22:24

【すべての子どもに家庭を!キャンペーン・イベント情報&シェア歓迎】
先日お伝えした、日本財団、ルーモス、ハッピーゆりかごプロジェクトによるシンポジウムの参加申し込みが始まりました。

「子どもが家庭で暮らす社会に向けて ~中央・東ヨーロッパで家庭養護を推進してきた経験から~ 」

ヨーロッパでの脱施設化政策の経験を学ぶ良い機会です。ぜひお申込みの上、ご来場ください。

*******
日時:6月8日(月)、15:00~17:00(受付開始:14:30)
場所:日本財団 2階大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
共催:ルーモス、日本財団
協力:(特非)キーアセット、(公財)全国里親会
定員:200名(先着、事前申し込み制)
参加費:無料

プログラム(仮):
開会挨拶 尾形武寿(日本財団理事長)
解説 上鹿渡和宏(長野大学準教授、児童精神科医)
特別講演 ジョルジェット・ムルヘア(ルーモス CEO)

参加ご希望の方は以下、URLからお申込みください。
http://www.kokuchpro.com/event/happy_yurikago/

●ルーモスとは
ハリー・ポッターの著者、J.K.ローリングが2005年に創設したイギリスの国際的NGO。世界中で、子ども達が施設ではなく家庭で暮らすための体制作りを支援する活動を行っている。特にモルドバ、チェコ、ブルガリアなどの中央・東ヨーロッパにおいて、子どもが実親の下で暮らし続けられるようにする支援、里親など家庭養護への移行、また家族再統合の促進により、家庭で暮らす子どもの数を増やす支援を実施してきた。多くの施設が母子の支援施設、保育園、里親を支援する組織などに役割を転換している。最近は、ハイチやカンボジアなどでも活動を始めている。世界銀行、米国国際開発庁(USAID)、カナダ国際開発庁(CIDA)などと共に「子どものためのグローバル・アライアンス(Global Alliance for Children)」のメンバーでもある。2015年4月、ルーモスUSAオフィス開設。

●ジョルジェット・ムルヘア (ルーモス CEO)
1993年からルーマニアを皮切りにこれまで23カ国で大規模な家庭養護推進プログラムを先導。2011年からルーモスのCEOに就任。世界で最も影響のあるソーシャルワーカー30人の一人に選ばれている。

<本件に関するお問い合わせ>
日本財団 ハッピーゆりかごプロジェクト
担当:高橋、粟野
Email: tokubetsu_youshi@ps.nippon-foundation.or.jp
TEL: 03-6229-5111(代表)